神秘の工房 レビュー センチメンタルグラフティ

センチメンタルグラフティ

思い返せば、前回のゲームレビューは
記念すべき第一回という事もあったせいか、あまりにも

アレ電波な作品を

レビューしてしまったように思います。


よって、ゲームレビューの第二回は、SS版を始めとして
現在では様々なハードで移植されている
超有名恋愛シミュレーションゲームのレビューとさせて頂きます。



そのタイトルは



「センチメンタルグラフティ」












「やっぱりクソゲーじゃねーか」という
ツッコミは却下です。








それでは、まずこのゲームを語る上で
必要不可欠とも言えるOPムービーからいってみましょう。

そもそも、恋愛シミュレーションゲームとOPムービーとは
切っても切れない関係と言えます。
アニメーション等を駆使したOPは、言わばヒロイン達の見せ場です。
その魅力をプレイヤーに伝え、ゲームに引き込むためには
このOPにかかっていると言っても過言では無いでしょう。


では、このゲームのOPムービーはどうなのでしょうか。





背景に何も存在しない闇の空間において
魚の死んだような目をしたヒロイン達は
体から光を発しつつも
盆踊りとも何かの拳法の型ともとれる
奇妙な動きに終始します。






およそ、恋愛シミュレーションゲームのOPムービーとは思えない程


前衛的です。



時には何も無い空間の中を泳いだり、突然雨に打たれたりもしますが







その意図が読めないため、人によっては
恐怖すら覚えるでしょう。







OPムービーの一例です。皆、目がうつろでコワイです。






ちなみにこのOPムービーですが、その内容を形容して



『暗黒太極拳』



『暗黒舞踏』



『死霊の盆踊り』



等の通称があります。





頭にあまりありがたくない単語が
もれなく付いてきますが






納得させられるだけのインパクトを
持っているのは確かです。






で、では次に、シナリオについて触れていきます。

このゲームは、高校生活最後の春休みに
幼い頃から日本中で転校を繰り返してきた主人公の元へ
差出人不明の一通の手紙が届くところから始まります。
手紙にはただ一言のメッセージ。

「あなたに…あ・い・た・い」







どう考えても、いたずらとしか思えません。
もしくは、ストーカーの可能性も考えられます。










自分なら、まず警察に相談するでしょうね。







しかし、主人公はこの手紙の差出人が、今まで転校してきた中で知り合った
女の子の中の誰かが出したものだと根拠も無く結論付けます。

こうして、高校生活最後の一年、全国各地に散らばる
12人の女の子との思い出を探す旅が今始まります…。



まぁ、高校生活最後の一年という大事な時期
12万円の所持金+バイト代を全て旅費に当てるというのは

正直どうかと思いますが。





とにかく、プレイヤーは一年間でありとあらゆる交通手段を駆使し
日本中の女の子に会いに行かねばなりません。

その交通手段は、かなりのバリエーションがありますが
それぞれ、一長一短なので、使い分けが必要になります。
主人公の自宅のある東京を基準にして



ヒッチハイク全国でランダム
行き先がランダム、行動力消費量が大きい、時間がかかる等の欠点があるが
ただで移動できるのが最大の利点。

深夜バス全国で任意
行動力消費量が大きく、時間もかかるが、全国何処へでも安く移動できる。
深夜に移動できるので、日中はデートに当てられるのも大きい。

快速列車全国で任意
行動力消費量、かかる時間、費用等全てが標準的。
東京〜横浜間、京都〜大阪間のような近距離区間で利用する事が多い。

快速夜行列車全国で任意
基本的な性能は快速列車と同じだが、深夜0時にしか利用できない。
深夜に移動しつつ、行動力を少し回復できるのが利点。

特急列車全国で任意
行動力消費量は少なめ、全国へ比較的短時間で移動できるが費用がやや高くつく。
性能的に中途半端なので、利用する機会は少な目。

特急夜行列車全国で任意
快速夜行列車の特急版。深夜に早く移動する必要性はあまり無いので
やはり利用する機会は少な目。

飛行機札幌・青森・金沢・大阪・高松・広島・福岡・長崎の中から任意
全国何処でも利用できるわけでは無く、料金もかなり高いが
行動力消費量が少ない、短時間で移動できる等の利点がある。

フェリー札幌、青森、高松、広島、福岡、長崎の中から任意
全国何処でも利用できない、時間も費用も一番かかると良いトコ無し。
唯一、行動力の上限が上がるという利点があるが、結局利用される事は無い。



の八種類の交通手段が存在します。



この交通手段ですが、発射時刻やら所要時間等が一時間単位ながらも
きちんと設定されており、非常に好感が持てます。

特に、料金に至っては10円単位まで細かく設定されていて
製作者の強いこだわりが感じられる程です。










恋愛シミュレーションというゲームジャンルにおいて
それがゲームの本質とは全く無関係なのは
気のせいでしょう。きっと。






…一応、誤解の無いように言っておきますが
このゲームに登場する女の子達は
それぞれ個性的で、非常に魅力的です。

また、ゲーム自体の操作性も悪くはありません。
(音質は少し悪く、音が全体的に小さいという欠点もありますが)




ただ、恋愛シミュレーションゲームにおいて

さほど重要でない部分だけが異様なまでに作り込まれ
全体的なシナリオの整合性が皆無であるという本作品は






根本的に方向性が
間違っている気がしてなりません。




まぁ、まともにゲームを楽しもうとする方には

かなりアレな作品ですが

ツッコむ事を前提にプレイされるのなら、これほど味わい深い作品もありません。


特にSS版では、中古で500円も出せば容易く手に入るので
歪んだ世界感を味わってみたい方には良いかもしれませんね。





レビューに戻るですぅ〜!

トップに戻るですよぉ〜♪



【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース